カワベが選ばれる理由

理由1プレス加工からインサート成形まで同一工場内一貫生産

高品質・高精度なインサート成形部品を生産するには、プレス部品・成形金型、双方の作り込み・調整が必要になります。

プレス加工とインサート成形を別々の工場で分担した場合、いざインサート成形をスタートしたらプレス部品に問題があって生産が出来なかったり、問題の原因がプレス部品にあるのか成形金型にあるのか原因究明に時間が掛かり、お客様への納入に支障をきたしてしまうようなトラブルが起こりがちです。

その点当社であれば安心です。プレス加工からインサート成形まで同一工場内で一貫生産、プレス技術・インサート成形技術・金型技術の長年の蓄積により、あらゆる問題にスピーディな対応が可能です。

工程例(1)

プレス加工

プレス加工
→

インサート成形

インサート成形

プレス部品三点を三層にして、PBT樹脂で一体成形した事例。
10個以上のプレス部品やカラーをインサートする製品もあります。
使用する樹脂はナイロン・PBT・PPSなどの高機能樹脂(エンプラ)に特化しており、成形機も最適な仕様のものを取り揃えています。

工程例(2)

プレス加工

カワベ本社
→

1次成形

1次成形
→

2次成形

2次成形

高精度を要する製品や一度の加工で形状を作れない製品は、成形工程を二回に分けて加工します。
製品によっては、成形加工後にトリム加工(タイバーカット)、絶縁・導通検査、耐圧検査などを行います。

工程例(3)

プレス加工

プレス加工
→

フープ成形

フープ成形

リール巻きしたプレス部品を自動送りでインサート成形した事例。
成形加工後、接点高さ検査・トレイ梱包まで自動で行っています。

理由2品質保証

「品質は企業の命である」

創業以来、品質の重要性を知り、品質に心血を注いできたカワベのこだわりを如実に物語る社是です。

品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001も、この規格がまだまだ一般化していない1996年10月に、業界でもいち早く認証を取得しました。これもカワベの品質へのこだわりの現れといえます。

品質マネジメントシステム構築の一方、「品質は工程でつくり込む」というものづくりの基本を踏まえて、不良を作らない・流出させない製造工程づくり、仕事の仕組みづくりにも注力しております。

変化点(4M変動)管理や高精度を要するプレス金型・成形金型の保全管理は独自の方法で実施し、重大不良の未然防止・工程内不良削減・顧客納入率の向上を目的とした改善活動など、品質にこだわるカワベならではの管理・活動を社員の一人一人が熱意をもって推進しております。

近年においては、CNC倣い測定機能を搭載した三次元測定機、画像処理やレーザー照射により瞬時に合否判定が行える画像寸法測定機、高さ・平面度測定機等の測定設備を導入し、検査精度の向上・効率化に取り組んでおります。

カワベはこれからも徹底して品質にこだわり、お客様にご満足いただける高品質で信頼される製品づくりに、全社一丸となって取り組んでまいります。

ISO9001 認証取得
ISO9001 認証書 ISO9001 認証マーク

創業以来、品質を何より大切にしてきたカワベは業界でもいち早く、
ISO9001品質マネジメントシステムの認証を取得いたしました。

・審査機関:日本品質保証機構
・登録番号:JQA-1424

PAGE TOP